オリジナルアプリを導入した体験談について

料理店(レストラン)を経営しています。

SNSや評判Webページなどでお店の告知等はしているものの、一度来ていただいたユーザーのリピート率を高めるために何かできないかと以前から思っていました。

そういう時にたまたま提携しているHP制作のプロさんがアプリケーションの製作もしていると聞き、これは使えるのではないかと考えオリジナルアプリを制作会社に依頼し導入する事に決めました。

私はこのオリジナルアプリを当初は、スタンプカード的なものとして導入しました。

来店ごとにアプリケーション内にスタンプを貯めていける仕組みを作り、スタンプが一定数溜まると一例を挙げれば主要料理を1品フリーにするといったような中身です。

このアプリケーション自体は集客といった意味合いでも大きな良い面はありましたが、それだけではなく、結局リピート率が大きく向上しました。

しかも。クライアントにも非常に好評です。

結局人間の心理的にこういったシステムがあるとさらに行きたいと感じる物何だなと考え、その後はアプリケーションで空席状況やメニューが見れたりするといった体系を増やしていきました。

ツールはどんどん新しくアップデートしていけるというのも大きな良い面だと考えます。

ところでですが、このオリジナルアプリは私が元々知り合いのエキスパートに頼んだ事もあっての事かもしれないですが、かなりスピーディーに、しかも料金を抑えて作っていただく事ができました。

プッシュ通知や、クーポンの配布、スタンプカードなどは、リピーター取得に有用とされるパフォーマンスで、卒なく応用すれば再来店を促したり、ヘビーユーザーをゲットできたりします。

特にプッシュ通知はメルマガよりも開封率が高いとされ、お客さんを成果的にお店へと誘導しやすいです。

リアルタイムでお知らせが可能なのも大きな魅力といえるでしょう。

さらに、カスタマーデータの分析など、お店運営に役立つ性能を準備たストアツールも少なくありません。

年齢や性別といった元情報だけでなく、クーポンの活用回数やプッシュ通知の開封率などを理解可能なものもあります。

こうした数値的なデータは、集客や販促を計画する上で大いに役立ってくれるます。

店舗に導入したこのオンラインのご時世においては、自らのショップでアプリケーションを作成しようといった事はかなりの良いところがあると、以前に想像していた以上に感じました。

月額も安くて費用対効果が抜群で、気に入っています。