過払い金請求は弁護士に任せるのがいいでしょう

過払い金請求というのをご存知でしょうか。かつて消費者金融では、法定金利以上の金利をつけてお金を融資していました。元々法定金利は20パーセントでしたが、29.2パーセントまでなら処罰の対象にならなかったからです。

しかしこの金利は最高裁判決で問題となり、その後は払いすぎた金利を、金融機関から戻そうという運動が広まりました。これがいわゆる過払い金請求です。今でも、最終取引から10年以内であれば請求することができます。また自分でも手続きをすることはできませんが、金融機関との交渉があるため、できれば法律事務所に頼んだ方がいいでしょう。

特に、お金を借りていたのを家族に知られずに請求するのであれば、やはり過払い金請求は弁護士に相談して依頼するのがお勧めです。過払い金を取り戻せる場合は、その中から着手金や報酬を引かれることになります。事務所によって着手金や報酬の基準が異なるので、相談の時に忘れずに訊いておくようにしましょう。この過払い金支払いは債務整理と異なり、ブラックリストに載ることはありません。

またこれが適用されるのは、もちろん消費者金融で、しかも現在の貸金業法が適用される前に借入をした場合に限られます。現在の貸金業法は、法定金利を上限20パーセントときちんと定めていて、それ以上の金利がついた時には処罰の対象となります。そして銀行で借りた場合には、貸金業法でなく銀行法が適用されますので、元から過払い金請求の対象にはなりません。