人事経営戦略、財務や会計は経営コンサルタントが必要

埼玉県で経営コンサルタント会社を経営しています。経営コンサルタントの仕事とは、依頼を受けたクライアント様の問題点を調査分析して、その原因を追究して、解決策を見つけ出し、現在落ち込んでしまった経営の状態を改善することです。

生産効率や組織、人事経営戦略、財務や会計、ブランデング、マーケティングなどのどの分野に重点をおいて経営コンサルタントをするかが重要なポイントとなります。

経営コンサルタントは、報告書などを正確に作成する能力や情報の収集や分析力、またはクライアント様とコミュニケーション能力なども要求されます。

既存の産業や職種の競争が激化し廃業に追い込まれる時代において、その業界で勝ち残っていくには経営コンサルタントの力は不可欠になると考えられます。日本においては財務や会計など、生産の効率性を研究している経営コンサルタントが多いのですが、根本的な改善につながっていないのが現状です。

生き残りという言葉がよく世間では使われますが、弊社の経営コンサルタントでは使わないようにしています。なぜならば生き残るのではなく経営コンサルタントでは勝ち切る事が重要だからです。