仕事をするための丈夫な作業着も汚れさえ落とせば長く着る事ができる

作業が効率的に行う事ができるためにはそれにあった服装が大事であり作業にあった服装なら仕事にも集中できたりけがなどの不注意も減らす事ができます。

現場の仕事は汚れる事も多く油の汚れや溶剤などはもちろん塗料などは少しでも作業着に着くと落とす事が困難です。もちろん体に直接油や塗料がつかないように守ってくれるのが作業着ですが見た目の重要です。

どのような会社でもお客さんは来るだろうしどのような現場でも他人の眼は気になるものです。あまりにも汚れた作業着は見た目の印象もイマイチです。作業着も会社で支給されている物だとなかなか新調することができず致命的な汚れ方だと何年の同じ作業着で過ごさなければならず汚れてしまった事に後悔してしまいます。

作業着自体が丈夫で何年もきる事ができるのに色身が明るめな作業着だと汚れが目立ってしまい買い直すことになってしまいがちです。このような汚れは頑固どころではなく仕事する上でどのように工夫してもついてしまうしょうがない汚れともいえるのですができれば落としたいものです。

普通の洗濯機で汚れを落とせるのは人間の油汚れなどであって仕事をするときに着くような特殊な汚れはなかなか落ちない物です。業務用の作業着に付いた油汚れをとるための染み抜き洗剤も発売されておりますが業務用はそうそう簡単手に入らないいし市販の物ではあまりよくおちません。塩素系の液体洗剤も汚れに効くものと効かない物があり簡単に落とせるようなものでない事が多いのです。

作業着を毎日洗ったり週末に洗ったり決まった洗い方をするものですが、洗い上がった作業着が綺麗であると仕事始めも気合が入ります。軍手やウエスは汚れても躊躇なく捨てる事ができますが作業着に関して言えばそれなりに値段も高く汚れが気になるだけで処分するにはもったいない事です。

丈夫で長持ちする作業着をいかに長く使うためには汚れをつけない事が大事ですが作業することで付く汚れはしょうがないので落とせる汚れは綺麗に落とし、長持ちさせる事ができるのです。

作業着の汚れは油分を多く含んでおり余分を分解することにより汚れを少しでも落とす事ができるのです。

重油などが手に着いた時は粉の石鹸を使い落としますが作業着に重油がついた場合にもこすり落とす事ができるのです。家庭用の食器洗剤にも油分を分解することができるので部分的についてしまった油汚れを繊維の奥から汚れを落とす事ができます。濃い作業服だと汚れも目立ちませんが淡い色だと完全には無理ですがある程度は汚れも落ちてきます。

塗料などが作業着に付着してしまったりする場合も塗装現場や印刷会社では当たり前のようにあり洗濯機だけでは落ちません。塗料は浸透してしまうと落とすのが困難ですがついた直後に対策すればあまり目立たなくなります。塗料を薄めたり、洗う場合に用いる溶剤があるのですが臭いはありますが透明ですぐに作業着に着いた所をウエスに含ませた溶剤でこするとウエス側に色が吸着して作業着の塗料が薄くなってきます。

後は洗濯機で溶剤を洗い落せば見た目にも気にならない程度の汚れにする事ができるのです。溶剤は直接手に触れると手荒れや炎症をするので手袋などをしておかないといかず衣類なども一度脱いで拭きとるなどの配慮しないといけませんがお汚れを落とすのは効果的です。

作業する時の靴もなかなか洗う事はありませんが落ちない汚れは消しゴムなどで研磨すると落ちない汚れも落とせます。消しゴムでもダメならやすりを用いてけずり落とすのも落としやすく効果的です。このような部分的な汚れは落とせれば落とした方がよいのですが汚れを目立たなくするには汚れが付いた部分に色をつける方法もあります。

黒い作業服に白いインクが付いたのなら黒い油性のマジックでぬることにより白い汚れが無くなります。マジックで服屋靴にぬるには抵抗があるかもしれませんが落とせない汚れを目立たなくするには手っ取り早く楽にできます。

お薦めはしませんが塗料などは落とすより上塗りする方が楽かもしれません。